MENU

引越し業者の空いてる日に予約したい!効率的な空き状況の確認方法

引越しって何かと大変

引越し業者へ少しでも安い料金で予約するなら空いてる日を狙うのが一番です。ホテルや旅館が休日や大型連休で高くなるように、引越し業者へ予約するにも混雑している日よりも空いてる日の方が遥かに料金が格安です。

 

安い時期はいつ?
引越しの繁忙期カレンダー!お得で安い時期の狙い目は閑散期!!

 

引越し料金を安くする方法はたくさんありますが、空いてる日狙いは最も効率的な方法の一つです。引越し料金の相場が10万円のような内容でも、空いてる日に変更すれば5万円になることだって十分にあり得るからです。

 

やってもらう内容は何も変わらないのに日程を変えるだけで5万円も安くなるならやらない手はありません。あなたが引越し日を選べる状態にあるなら、引越し業者と日程を材料に料金を交渉してみましょう。

 

繁忙期はこんなに高い
40万は高すぎる…サカイ引越センターの口コミ体験談|群馬県Cさん

 

 

1年で一番引っ越しの空きが多い時期はいつ

月単位で引越し日を変更できる人などそうそういないと思いますが、1ケ月前後させるくらいなら可能な人もいるかもしれません。

 

しかし、一番の繁忙期である3月4月を除けばどの月も同じような空き状況といっても差支えないレベルです。あえて言うなら3月を避けて2月に前倒しされる方がいたり、企業の人事異動の関係で9月が若干忙しくなる傾向があります。

 

一番引っ越しの空きが多い時期を知りたいなら月の中のいつに選ぶかの方が重要です。

引越し業者の空き状況はホームページのカレンダーで確認しよう

月の中のトラックの空き状況を知るのに役立つのが引越し業者のホームページに掲載しているカレンダーです。厳密には空いてる日や忙しい日を事前に予想したものですが、空いてる日を狙うための手段としては一番手っ取り早い方法です。

 

引越し業者としても長年の経験があるためにおおよそカレンダー通りの空き状況となって終わることが多いのです。

 

いくつかの引越し業者のホームページのカレンダーを見てみれば分かると思いますが、お得な日(空いてる日)に設定されているのは、月初から中旬までの平日です。サカイ引越センターでは金曜日を外されていることもありますが、これは土日に後片付けをしたい人が金曜日を狙うためです。

 

月末を外し、土曜日や日曜日、休日などを外していけばカレンダーのお得日になることが多いはずです。これらの日を選べば格安料金で引越し業者へ予約できます。

具体的な空いてる日は営業担当の交渉で見極めよう

カレンダーのお得日を選ぶだけでも安い料金で引越し業者へ予約することは可能ですが、より安い見積もりを引き出したいなら日程に余裕を持たせ引越し業者の空き状況に都合を合わせる方法がおすすめです。

 

なぜなら、引越し業者が空きそうな日と予想していても安い日狙いの人が多く忙しくなったり、荷物が極端に多い引越しが受注されることでたちまち忙しくなってしまうこともあるからです。

 

実際アート引越センターでも引越待ち割キャンペーンとして、指定日の前後2日間に余裕を持たせることで半額の引越し料金で予約できます。

 

直前の空き状況に合わせて引越し日を変更してもらえるのは引越し業者としても非常にありがたいのです。

 

アート引越センターのようなサービスでなくも、見積もり時の営業担当と安い日を巡って交渉すればより安く予約できる可能性が出てきます。

複数の引越し業者から相見積もりを取って料金を比較する

引越し業者の空き状況に合わせて予約するのと変わらないほど効果があるのが相見積もりです。特にトラックが空きやすい日を選んだ時には、その効果は絶大です。

 

受注が欲しい引越し業者が競って値引きを繰り返し、たちまち料金は下がっていきます。激安と呼ばれるほどの料金で予約したいなら少なくとも2社以上の引越し業者から相見積もりを取りましょう。

 

空いてる日を狙って複数の引越し業者の見積もりを比較するのが、最も効率的に格安の料金で引越し業者へ予約する方法です。

もっと引越し料金を安くしたい人は

引越し業者が空いてる日を選んで相見積もりを取っても目標とする予算に届かないなら以下の方法を試してみてください。

 

引越し料金を安くする方法はまだまだあります。

 

午後便やフリー便で契約する

引越しは同じ日程でも時間帯によって料金が変わる場合があります。一般的には朝一番で始める午前便が高く、午後便でトラックを予約した方が安くなります。

 

また荷物が少ない単身引越しの場合は、1日に2件以上の現場を回れるためにフリ―便という時間を引越し業者お任せにするプランもあります。

 

ただし、午後便にしろフリー便にしろ当日の作業状況によってはトラックの到着に大きな遅れがあることも覚悟しておかなければいけません。

 

時には2時間、3時間といった遅れもあるので、不動産屋さんと退去時間を決めている場合や長距離引越しで新幹線の指定席を取っている時にはトラブルを招く可能性もあります。

 

引越しを頼むタイミングを見極める

引越し業者へ頼むタイミングは早すぎても遅すぎてもいけません。引越し業者も営利企業だからできるだけ利益を取りたいと思っています。早すぎる依頼に対しては、高い見積もりを出して様子を見るなんてことをする会社もあります。

 

反対に遅すぎる依頼はトラックの空き状況に余裕がなければ高めに出さざるを得ません。遅すぎる依頼でトラックに空きがいっぱいある時は、安くても仕事を受けたいと思う引越し業者もあるでしょう。しかし、満車で断られるリスクもあるので、あまりに直前はおすすめできません。

 

閑散期であれば1ケ月から2週間前が適当なタイミングと言えます。ただし、忙しそうな日や繁忙期は遅すぎる場合があります。見積もり額よりも依頼できないリスクを減らすために2ケ月から3ケ月前に依頼した方が良さそうです。

 

参考サイト:
引越し予約は何日前にするのが正解?元引越屋が答えます
http://xn--68jws854efwo2j9abzu.xyz/

 

依頼する荷物を減らす

引越し費用は荷物量によっても変わります。依頼する荷物を減らすことができるなら、その分だけ安くできます。ただし、減らせる荷物が中途半端な量では見積もり額は変わりません。

 

やるなら契約するトラックが1サイズ小さくなるほど荷物量を減らす必要があります。

 

不用品を処分する

大きな家具や家電を現在のお住まいで不用品として処分することができるなら荷物は大きく減らせます。処分するなら自治体に頼むのが割安ですが、まだまだ使えるなら売却したり欲しい人にあげられないかも検討してみましょう。

 

なるべくお金が掛からない方法で荷物を減らせれば、それだけ引越し費用全体から見てもお得です。

 

小さな荷物は運ぶ

新居までが近くであったり、荷物が運びやすいワンボックスカーを所有しているなら自分で小さな荷物を運ぶのも引越し料金を安くするには有効です。

 

引越し業者は大きな荷物だけを依頼したり、小さなトラックで積めるだけの積み切りプランがあります。全ての荷物を運ぶのに比べれば引越し料金は安くなりますが、自分の体力も考慮して検討してみる必要があります。

 

Twitter Facebook はてブ LINE

 

更新履歴