MENU

引越し業者の空いてる日に予約したい!効率的な空き状況の確認方法

引越しって何かと大変

引越し業者へ少しでも安い料金で予約するなら空いてる日を狙うのが一番です。ホテルや旅館が休日や大型連休で高くなるように、引越し業者へ予約するにも混雑している日よりも空いてる日の方が遥かに料金が格安です。

 

安い時期はいつ?
引越しの繁忙期カレンダー!お得で安い時期の狙い目は閑散期!!

 

引越し料金を安くする方法はたくさんありますが、空いてる日狙いは最も効率的な方法の一つです。引越し料金の相場が10万円のような内容でも、空いてる日に変更すれば5万円になることだって十分にあり得るからです。

 

やってもらう内容は何も変わらないのに日程を変えるだけで5万円も安くなるならやらない手はありません。あなたが引越し日を選べる状態にあるなら、引越し業者と日程を材料に料金を交渉してみましょう。

 

繁忙期はこんなに高い
40万は高すぎる…サカイ引越センターの口コミ体験談|群馬県Cさん

 

⇒引越し業者の空いてる日に予約したい!効率的な空き状況の確認方法TOP

 

 

1年で一番引っ越しの空きが多い時期はいつ

月単位で引越し日を変更できる人などそうそういないと思いますが、1ケ月前後させるくらいなら可能な人もいるかもしれません。

 

しかし、一番の繁忙期である3月4月を除けばどの月も同じような空き状況といっても差支えないレベルです。あえて言うなら3月を避けて2月に前倒しされる方がいたり、企業の人事異動の関係で9月が若干忙しくなる傾向があります。

 

一番引っ越しの空きが多い時期を知りたいなら月の中のいつに選ぶかの方が重要です。

引越し業者の空き状況はホームページのカレンダーで確認しよう

月の中のトラックの空き状況を知るのに役立つのが引越し業者のホームページに掲載しているカレンダーです。厳密には空いてる日や忙しい日を事前に予想したものですが、空いてる日を狙うための手段としては一番手っ取り早い方法です。

 

引越し業者としても長年の経験があるためにおおよそカレンダー通りの空き状況となって終わることが多いのです。

 

いくつかの引越し業者のホームページのカレンダーを見てみれば分かると思いますが、お得な日(空いてる日)に設定されているのは、月初から中旬までの平日です。サカイ引越センターでは金曜日を外されていることもありますが、これは土日に後片付けをしたい人が金曜日を狙うためです。

 

月末を外し、土曜日や日曜日、休日などを外していけばカレンダーのお得日になることが多いはずです。これらの日を選べば格安料金で引越し業者へ予約できます。

具体的な空いてる日は営業担当の交渉で見極めよう

カレンダーのお得日を選ぶだけでも安い料金で引越し業者へ予約することは可能ですが、より安い見積もりを引き出したいなら日程に余裕を持たせ引越し業者の空き状況に都合を合わせる方法がおすすめです。

 

なぜなら、引越し業者が空きそうな日と予想していても安い日狙いの人が多く忙しくなったり、荷物が極端に多い引越しが受注されることでたちまち忙しくなってしまうこともあるからです。

 

実際アート引越センターでも引越待ち割キャンペーンとして、指定日の前後2日間に余裕を持たせることで半額の引越し料金で予約できます。

 

直前の空き状況に合わせて引越し日を変更してもらえるのは引越し業者としても非常にありがたいのです。

 

アート引越センターのようなサービスでなくも、見積もり時の営業担当と安い日を巡って交渉すればより安く予約できる可能性が出てきます。

複数の引越し業者から相見積もりを取って料金を比較する

引越し業者の空き状況に合わせて予約するのと変わらないほど効果があるのが相見積もりです。特にトラックが空きやすい日を選んだ時には、その効果は絶大です。

 

受注が欲しい引越し業者が競って値引きを繰り返し、たちまち料金は下がっていきます。激安と呼ばれるほどの料金で予約したいなら少なくとも2社以上の引越し業者から相見積もりを取りましょう。

 

空いてる日を狙って複数の引越し業者の見積もりを比較するのが、最も効率的に格安の料金で引越し業者へ予約する方法です。

もっと引越し料金を安くしたい人は

引越し業者が空いてる日を選んで相見積もりを取っても目標とする予算に届かないなら以下の方法を試してみてください。

 

引越し料金を安くする方法はまだまだあります。

 

午後便やフリー便で契約する

引越しは同じ日程でも時間帯によって料金が変わる場合があります。一般的には朝一番で始める午前便が高く、午後便でトラックを予約した方が安くなります。

 

また荷物が少ない単身引越しの場合は、1日に2件以上の現場を回れるためにフリ―便という時間を引越し業者お任せにするプランもあります。

 

ただし、午後便にしろフリー便にしろ当日の作業状況によってはトラックの到着に大きな遅れがあることも覚悟しておかなければいけません。

 

時には2時間、3時間といった遅れもあるので、不動産屋さんと退去時間を決めている場合や長距離引越しで新幹線の指定席を取っている時にはトラブルを招く可能性もあります。

 

引越しを頼むタイミングを見極める

引越し業者へ頼むタイミングは早すぎても遅すぎてもいけません。引越し業者も営利企業だからできるだけ利益を取りたいと思っています。早すぎる依頼に対しては、高い見積もりを出して様子を見るなんてことをする会社もあります。

 

反対に遅すぎる依頼はトラックの空き状況に余裕がなければ高めに出さざるを得ません。遅すぎる依頼でトラックに空きがいっぱいある時は、安くても仕事を受けたいと思う引越し業者もあるでしょう。しかし、満車で断られるリスクもあるので、あまりに直前はおすすめできません。

 

閑散期であれば1ケ月から2週間前が適当なタイミングと言えます。ただし、忙しそうな日や繁忙期は遅すぎる場合があります。見積もり額よりも依頼できないリスクを減らすために2ケ月から3ケ月前に依頼した方が良さそうです。

 

参考サイト:
引越し予約は何日前にするのが正解?元引越屋が答えます
http://xn--68jws854efwo2j9abzu.xyz/

 

依頼する荷物を減らす

引越し費用は荷物量によっても変わります。依頼する荷物を減らすことができるなら、その分だけ安くできます。ただし、減らせる荷物が中途半端な量では見積もり額は変わりません。

 

やるなら契約するトラックが1サイズ小さくなるほど荷物量を減らす必要があります。

 

不用品を処分する

大きな家具や家電を現在のお住まいで不用品として処分することができるなら荷物は大きく減らせます。処分するなら自治体に頼むのが割安ですが、まだまだ使えるなら売却したり欲しい人にあげられないかも検討してみましょう。

 

なるべくお金が掛からない方法で荷物を減らせれば、それだけ引越し費用全体から見てもお得です。

 

小さな荷物は運ぶ

新居までが近くであったり、荷物が運びやすいワンボックスカーを所有しているなら自分で小さな荷物を運ぶのも引越し料金を安くするには有効です。

 

引越し業者は大きな荷物だけを依頼したり、小さなトラックで積めるだけの積み切りプランがあります。全ての荷物を運ぶのに比べれば引越し料金は安くなりますが、自分の体力も考慮して検討してみる必要があります。

 

 

 

格安で引越しする為の秘訣をお伝えしましょう。引越し専門の業者のサービスキャンペーンを利用しさえすれば、日常的な料金よりもお安くなるのです。情報を常にチェックしておくことが肝心です。一般的には空いてる日に誘導するキャンペーンが多いです。

引越し先の住居には、なくては生活できないというもののみを運び、余計なものは捨てて行きましょう。持って行ってもらう荷物を少なくすることが、格安で引っ越しするための要件だと言っていいでしょう。

激安で引越しをしたいと思うなら、何はともあれ最低限5社程度の引越し専門の業者を選択してください。そうしてから、それらの業者に頼んで見積もりを示してもらうことができれば、一番安い業者を見つけ出すことができます。さらに各社の空き状況を見て空いてる時期に交渉すれば値引き幅は拡大します。

引越しの見積もり申請を引っ越しの日に近くなってから行なう人が稀ではないというのが現実だそうです。実際の引越し日まで十分な日数がないという状況だと、引越しの準備に追いまくられてしまうので気をつけましょう。

引越しに伴ってピアノ運送をしますと、路面などからの衝撃によって、ピアノの音色が変化してしまうことがあり得ます。調律サービスがある業者にお願いすることにすれば安心できると思います。


引越しの日まで日数が少ないにもかかわらず、不用品を処分できずにいるという状況の方は、リサイクル業者に任せた方が賢明です。費用を払っての処分になってしまいますが、その日中に対応してくれるところも存在しています。

引越しに掛かる金額は時期と距離、家財道具の多さにより異なります。引っ越しの相場を知っておけば、引越しをするという時に必要になってくる料金の検討ができるはずです。

ピアノというものは、普通の家財道具とは大きく違って精密構造となっているがために、ピアノ運送を行おうとするときは、それ専門の業者に発注した方が賢明です。

巷にはいろんな引越し業者が営業しています。その地区だけを対象にして引き受けている業者から、日本全国に名前が知れ渡っている業者まで様々だと言えます。引越し業者を比較した上で選択することをお勧めします。

引越し業者を利用した人の感想が、インターネット上にて紹介されています。引越し業者を比較して選択する際に、目安にするといいのではないでしょうか。


単身引越しと言いますと、どの引越し業者も「引越し単身パック」という形で信じられないような料金を提案してくれるようです。どの引越し業者よりも安くあげることのできる業者にお願いしたいなら、一括見積もりを有効活用して確かめてみるのが一番手っ取り早いです。

エアコンの引越しなどは計画していないとおっしゃるなら、不用品として処分して行きましょう。市町村の自治体によっては廃棄物として引き取ってくれないこともあるので、きちんとチェックしてから廃棄してください。

エアコンの引っ越しもしたい場合は、専門業者に見積もりをお願いするときに、正直に告げなくてはなりません。あとから言い出した場合は、追加料金を取られかねません。

マンションとかではなく一戸建てのケースだと、エアコンの取り付け総数が多くなってしまうため、エアコンの引っ越しをする場合には、引越し専門の業者に確実な見積もりを算出してもらうことを忘れてはいけません。

単身荷の引越しに関しましても、荷物を運ぶトラックの大きさにより金額がだいぶ違ってしまいます。お金を節約したいのなら、ビッグサイズの家具の運搬は止める方が良いでしょう。

 

あなた自身が住んでいる地域の引越し専門業者のうち、極めて信頼できるところを見つけたい場合は、引越し業者をランキング一覧にて紹介しているサイトを確認してみると良いでしょう。

今に使うこともありそうだというものは、ほとんど100パーセント使うことはないはずだと言明します。格安で引越ししたいというなら、引越しを機会に要らないものは処分しましょう。

引越し料金を比較検討すれば、どこが一番お得な業者かということが明らかになります。少しでもリーズナブルにしたいなら、ウェブの一括見積もりを活用して比較することが必要です。空きが多き時期に依頼すればさらなる値引きを期待できるでしょう。

引越し業者をちょくちょく利用したことがある人は、滅多にいないでしょう。引越し業者の評判がアップされているホームページをチェックすれば、依頼予定の業者の実態が判明するでしょう。

今のピアノを置いている部屋から引越し先の部屋までピアノ運送を行なって貰わなければならないといった時にも、その道のプロに任せれば楽勝です。引越し業者もたくさん存在しますが、その中にはピアノ運送をメインに扱っている業者も見受けられるのです。


格安で引越ししたいのなら、やり方が存在するのです。引越し専門業者の限定セールやキャンペーンを有効活用すれば、通常の料金よりも割安になるというわけです。このようなキャンペーンを有効利用するようにしてください。主なキャンペーンはトラックの空きがある日に誘導するための物です。キャンペーンを最大限に活用したいなら日程を指定せずに予定を持たせることが大切です。

「引っ越しをすることが決定したけど、業者を全くと言えるほど知らない」とおっしゃるなら、引越し業者をランキング一覧の形で載せているサイトを参照して業者をセレクトすると失敗も少ないでしょう。

エアコンを引越し先の部屋でも使うという場合は、エアコンの引っ越しを実施している業者に見積もりを頼んだ方が利口です。一番リーズナブルな業者を選択することができるはずです。

ちょっとでもピアノ運送を安く済ませたいなら、ピアノ運送の技術がある業者何社かに見積もりをお願いしてみてください。ただ配送・設置場所によっては、予想した以上に高い料金となることがあります。

引越し業者をランキングスタイルで評価しているHPを閲覧することができます。「どの引越し専門業者の評判が良いとされているのか?」、「顧客が高い満足度を示しているのはどの業者となっているのか?」などが見えてきます。


ピアノ運送を中心業務としている運送会社は、ピアノ運送が済んだ後にクリーニングやチューニングまでしてくれます。楽器専門ではない引越し業者だとしたら、そこまでの徹底したサービスはしないはずです。

引越しのためにピアノ運送をしますと、運送の間の衝撃が原因で、ピアノの音色が異常を来してしまう危険性があると言えます。最終的に調律までしてくれるところに一任すれば心配も無用です。

繁忙期以外の閑散期を待って引越しをすることが可能なら、引越しの相場から見たら、相当安い費用で引越しをすることが可能になるでしょう。最安値の引越しをするためにもトラックの空いてる時期を狙いましょう。

引越しの相場というのははっきりしたものはなく、業者次第で変わってきます。引っ越しに必要な費用が高いところと安いところでは、7~8万円ほどの差が生まれてしまう場合も珍しくはないのです。

単身の引越しと言うと、「荷物も少量だし業者に依頼しなくても可能だ」とお思いになるかもしれませんが、すべてを自分だけでこなすというのは、本当にしんどい作業になるでしょう。「引越し単身パック」の取り扱いがある引越し業者にお願いした方が絶対にお得です。

 

戸建住宅のケースだと、エアコンの取り付け台数がどうしても多くなるので、エアコンの引っ越しをすることにしている場合は、引越し業者に正しい見積もりを出して貰うように心掛けましょう。

引越し日を引越し業者任せにすることで、引越しに要する料金を予想以上に安く抑えることが可能になるはずです。引越し日がいつでもよいのなら、空いてる時期を指定して格安で引越しすることもできるわけです。

引っ越しの見積もりは、すべての業者が無料でやってくれると思います。料金を請求されることは皆無なので、オンラインの一括見積もりを利用して頼みましょう。

単身の引越しに関しましても、運んでくれる車の容量で引越し代金が大幅に異なることになるのです。できる限り安く引越ししたいと言うなら、大きな家具類を運ぶのは止めるしかないでしょう。

エアコンを新しい住居でも使うつもりだと言うなら、エアコンの引越しを受け付けている業者に見積もりを頼んで提示してもらいましょう。一番リーズナブルな業者を見つけ出すことに役立つと思います。


これまでずっと使用していたエアコンを新しい住まいでも使用しようと思うなら、エアコンの引越しも必要になります。専門業者による工事が必要なので、それなりの費用が掛かると思っていてください。

引っ越しの相場と言いますのは一律にはなっておらず、各業者で異なります。引越しに要する代金が高額なところと低額なところでは、片手ではきかないくらいの差が生まれてしまうことも十分考えられるのです。

引越しの見積もりを頼むときは、希望条件を何もかも伝えることが大切です。運搬する荷物の数を詐称して少なく告知すれば、割増料金が必要になるはずです。

引越しの相場をつかんでおくことも必要不可欠ではありますが、仮に多少金額が張る業者でありましても、交渉を持つことによって、料金を下げてくれるところも見られます。

引越しが決まったら、ネットの一括見積もりを有効に利用して見積もりを申込みましょう。見積もり料金はタダですし引越し料金を比較できます。


引っ越しするなら、引越し業者に頼みましょう。引越し業者というものは、「大規模だから任せて安心」とか「規模が小さいから任せられない」とは限らないのです。引越し業者を比較した上で選びましょう。

引越しの閑散期と比較して、繁忙期はほとんど変わりのない引越しを行っても、費用が割高になるのは避けられません。空きが多い時期である閑散期に引越しを実施すれば、支出を抑えることができるので、時期によって変わる引越しの相場を理解しておくべきです。

引越し業者を決める時は、引越しと大差がないくらいに思い悩むことでしょう。名前がよく知られている会社だからといった簡単な論拠で絞ることはしないで、充分に引越し業者を比較して決めることが不可欠です。

引越しの荷造りをしている時に出た不用品を処分しようとして行政機関に頼んだところで、処分対象外の不用品は断られてしまいます。そうした場合は粗大ごみ回収の業者にお願いし、料金を払って回収してもらうしかありません。

作業が注意深く手早いのに、代金が安い業者があるとすれば嬉しい限りでしょう。引越し業者をランキング形式で閲覧できるウェブ上の情報サイトで見極めてみることをお勧めします。

 

安心して任せられる引越し業者を見つけるには、一括見積もりを利用して引越し料金を比較しなければなりません。1社だけの見積もりを手に入れたとしても、割安と言える引越し費用がいくらなのか皆目掴めません。

単身の引越しについても、運送に使う車の容量で料金がすごく違ってきます。お金を節約したいのなら、大きい家具を運ぶのは中止にするしかないと思います。

引越し作業は、わずらわしくて大変でしょうが、ちゃんとした業者に託せば、心配などせずに引っ越しを完結できます。引越し業者の評判さえ把握できれば不安もなくなります。

引越し業者を1つに決める時は、引っ越しと大差がないくらいに悩むことになるはずです。名の通った会社だからといった安直な理由だけで選定せずに、充分に引越し業者を比較した上で決めることが大切です。

引越しをすると決まったら、引っ越しを専門とする業者にまずは見積もりをしてもらいましょう。単身の引越しは「引越し単身パック」などもありまして、見積もりのやり方によって、すごく料金をダウンさせることができるのです。


ピアノ運送を専門で扱っている楽器輸送会社は、ピアノ運送が終わったらクリーニングや調律まで行ってくれます。通常の引越し業者だとすれば、そこまでの専門的なサービスはしないはずです。

引越しの見積もりというのは、どんな引越し業者もタダで提示してくれると思います。お金を請求されることはないと思って大丈夫ですから、ウェブ上の一括見積もりを利用して依頼してみましょう。

自宅に来てもらい引っ越しの見積もりをしてもらう場合には、運び出す荷物がどの位の量なのかをきっちりと把握して、明確に知らせましょう。

引越し当日になるまでもう日数が少ないのに、不用品を処分できないでいるという状態の人は、廃品処分業者に依頼した方が良いでしょう。代金を支払っての引き取りということになりますが、その日に対応してくれる業者も見られます。

引越し料金は引っ越す時期と運送距離、搬送量により違います。引越しの相場が頭にあれば、引っ越しをしなければならない時に必要な料金の検討をすることが可能です。


単身の引越しであれば、荷物が少ししかないという理由で、業者に依頼せずに自分一人で引越し作業に精を出すという方もかなり多いのではないでしょうか?当然金銭的には安くあげることが可能ですが、体力的には大変です。

引越しをする日時を引越し業者の都合に合わせれば、引越しに要する料金を想像以上に抑えることが可能になるはずです。引越しを行なう日時に固執しないのなら、格安で引越しをするチャンスが広がります。

ピアノと申しますのは、通常の荷物とは違って繊細な構造となっていますから、ピアノ運送を実施するときは、それを専門とする引越し業者に丸投げした方が安心できます。

引越し先の住まいに運ぶ荷物については、必要十分なものだけにしておきましょう。格安で引越ししたいとおっしゃるのであれば、移動する荷物をなるだけ少なくすることが必要になってきます。

引越しは進学や就職の時期に実施すると、費用が割高になる傾向があります。空きが多い時期を変更して引越し料金を比較しましょう。ディスカウント料金になることがお分かりになると思います。

 

 

Twitter Facebook はてブ LINE

 

更新履歴